20代後半、お花と暮らす。

こんにちは、はれきぶんです。

今回は、自分が最近始めたことについてお伝えします。

プレゼント(誕生日)や門出祝い(卒業、退職)などで贈ったことやもらったことがあるお花。

最近お花屋さんに玄関やキッチンに飾るお花が置いてあることを知りました。

(だいぶ、前から置いてあったらすみません・・・)

ー日々の暮らしに「お花」をー

お花屋さんでこのポップをみた時、自分のためにお花を買うのもありなの?と思い、すぐに調べてみました。

観葉植物の選択もあったのですが、飽きっぽいところもあるのでまずは、お花を選択しました。

流れ

①お花購入(お花屋さん・定期通販・スーパー)

②お花と暮らす上でいいこと・大変なこと

お花購入

お花を買う手段は、主に3通りあると思います。

1、お花屋さん

2、通販(定期購入もできる)

3、スーパー

基本的に、お花屋さんかスーパーで購入しています。

自分の場合、短期間で済む場所が変わるので通販(定期購入)が出来ません。

一人暮らしや固定されている家がある方には、通販がおすすめです。

※リゾートバイトで宅配便も利用出来ますが、館内寮の場合ホテルのフロントに届くため、不便な点があります。アパートタイプの場合だと定期購入してもいいかもしれません。

お花屋さんのいいところ

・自分で見て、選べる(その時の気分でお花の種類や色)

・お部屋に飾るようでブーケになってるのがある

・種類が多い(1本から買える)

お花屋さんの難点なところ

・プレゼント用か自宅用か聞かれる(自宅用と答えるのちょっと勇気が・・・

・少しだけ価格が高め

スーパーのいいところ

・自分で見て、選べる(お花屋さんと一緒)

・価格が比較的安価

スーパーの難点なところ

・仏壇用のお花が多い

・同じような花しか置いてない

通販のいいところ

・買いに行く必要がない

・どんなお花が届くかワクワク感がある

通販の難点なところ

・自分で選べない

自分的には、その時の気分でお花を飾りたいのでお花屋に行くのが好きです。

大体1週間に1回「グラスブーケ」というものを500円程度で購入してます。

花瓶も本当にたくさんの種類があります。花瓶じゃなくても自分が持っているグラスや食器にお花を飾るのもいいと思います。

ちなみに自分の場合は、口が広いペットボトルに飾ってます。(ペットボトルのラベルは剥がしてます!笑)

お花と暮らす(いいこと・大変なこと)

自分がお花と暮らし始めて、感じたことです。

お花と暮らす上でいいこと

①お部屋が明るくなった気がする(殺風景だったのが)

→自分は、モノが少ないのでお花があると色味が加わり部屋が明るい

②眺めていると癒される(自分の場合)

→ふとお花を見ると、ホッとする気持ちになる(落ち着く感じに近い)

③お部屋を綺麗にしようと思う

→部屋が散らかっているとお花が映えないし、長持ちしないような気がするので自然と片付けるようになる

お花と暮らす上で大変なこと

①長持ちさせるために手入れを毎日する

→お手入れしないとすぐ枯れます。枯れるものなんですが、少しでも咲いてる時間を維持したいので、水を替えたり、茎を少し切ったり(切ると長持ちすると聞いたことがある)してます。

②お花周辺の掃除

→お花が枯れてると、その周りが花びらで満載になることもあります。(お花の種類にもよるのですが・・・)動かすたびにパラパラと落ちていく時もあるので掃除が大変な時もあります。

まとめ

お部屋の雰囲気を変えたい、何か新しいことを取り入れたい、気分を高めたいなど思っている人がいれば、お花と暮らすことをお勧めします。

とりあえず、お花屋さんに行くのもいいと思います。

気に入ったお花があれば、是非1度やってみてください。

お花を入れる花瓶は、最初ペットボトルや紙パックでもいいんです!

※続けていこう〜と決めてから、花瓶等揃えればいいと思います。

お花を自分の為に買うのも素敵だと思います。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました